2019年10月20日一覧

NO IMAGE

19歳FX口座開設|スイングトレードを行なうつもりならば…。

現実には、本番のトレード環境とデモトレード環境を比べてみると、本番トレード環境の方が「一度のトレードごとに1pipsくらい利益が減少する」と考えていた方が間違いありません。「それぞれのFX会社が提供しているサービス内容を精査する時間が取れない」と仰る方も少なくないでしょう。こんな方の為に、それぞれのサービスの中身でFX会社を海外未成年FX口座開設比較ランキングし、一覧表にしました。FXの取引は、「ポジションを建てる&ポジションを決済する」の繰り返しだと言えます。難しいことは何もないように感じるでしょうが、ポジションを建てるタイミング又は決済するタイミングは、とっても難しいです。「忙しいので昼間にチャートに注目するなんてことはできない」、「為替に影響を齎す経済指標などを即座に見れない」と考えられている方でも、スイングトレードを行なうことにすれば十分対応できます。FXをやっていく中で、外国で流通する通貨を日本円で買いますと、金利差に応じてスワップポイントが貰えることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買う際は、反対にスワップポイントを払わなければなりません。スイングトレー...

NO IMAGE

18歳FX口座開設|システムトレードと申しますのは…。

システムトレードにおきましても、新規に「買い」を入れるというタイミングに、証拠金余力が要される証拠金の額を下回っていると、新たに売り買いすることはできないことになっているのです。FX取引をする場合は、「てこ」の原理のように僅かな額の証拠金で、最高で25倍という取り引きが可能だとされており、証拠金と実際の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と称しているのです。驚くなかれ1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益ということになりますが、10倍ならば10万円の損益になります。わかりやすく言うと「レバレッジが高倍率になるにつれリスクも高くなる」ということなのです。FXの最大のウリはレバレッジに違いありませんが、完全に把握した上でレバレッジを掛けませんと、ひとえにリスクを大きくする結果となります。スキャルピングの進め方は諸々ありますが、共通部分としてファンダメンタルズについては一顧だにせずに、テクニカル指標だけを利用して実施しています。スイングトレードと言いますのは、一日一日のトレンドが結果を左右する短期売買から見ると、「過去に相場がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が...