2019年09月07日一覧

NO IMAGE

19歳FX口座開設|スキャルピングと申しますのは…。

初回入金額と申しますのは、Titanfx海外FX口座開設が済んだ後に入金することになる最低必要金額のことです。金額設定のない会社も見られますし、5万円必要といった金額設定をしているところも少なくありません。FXをやる上で、外国通貨を日本円で買うと、金利差に従いスワップポイントが与えられることになりますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買う時は、当然ながらスワップポイントを払う必要が出てきます。「連日チャートを分析することは無理だ」、「為替変動にも直結する経済指標などを即座に目にすることができない」とおっしゃる方でも、スイングトレードを利用すれば十分対応できます。スプレッドと言われるのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、FX会社の収益となる売買手数料と同様なものですが、それぞれのFX会社が個別にスプレッド幅を設けているわけです。5000米ドルを購入して持っている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。当たり前ですがドル高へと進展した時には、即行で売却して利益を確定させます。スプレッドと申しますのは、売買における「買値と売値の差額」のことを指...

NO IMAGE

18歳FX口座開設|スキャルピングをやる時は…。

買いポジションと売りポジションの両方を同時に保有すると、為替がどっちに変動しても収益を得ることが可能だと言えますが、リスク管理の点では2倍気配りすることになるはずです。FX取引も様々ありますが、一番人気の高い取引スタイルだと想定されているのが「デイトレード」になります。その日その日で手にできる利益を手堅くものにするというのが、このトレードの進め方だと言えます。レバレッジを活用すれば、証拠金が低額でもその25倍までの「売り買い」ができ、かなりの収入も望むことができますが、一方でリスクも高くなりますから、慎重になってレバレッジ設定することが重要です。スワップポイントと申しますのは、ポジションをキープし続けた日数分もらうことができます。日々か会う呈された時間にポジションをキープしたままだと、その時間にスワップポイントが付与されるのです。スキャルピングをやる時は、数ティックという値動きでも着実に利益を手にするという気持ちの持ち方が求められます。「これからもっと上がる等とは想定しないこと」、「欲は捨て去ること」が肝要になってきます。FX取引を展開する中で出てくるスワップと言われているものは、外貨...